グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 特色と取り組み > リハビリテーション環境の充実

リハビリテーション環境の充実


当院でリハビリをされている患者さま

 
最も多くリハビリを行っているのが、回復期リハビリテーション病棟の患者さまです。当院では、脳血管疾患、脊椎の術後の方が多く入院されリハビリを実施しています。

回復期リハビリテーション病棟に入院中の患者さんはもちろん、医師よりリハビリテーションを処方された、入院、外来患者様への理学療法、作業療法、言語聴覚療法を実施しています。

リハビリ体制

午前9時から入院と外来、午後は13時半から入院患者様を中心に理学療法、作業療法、言語聴覚療法を実施しています。

様々な疾患に対応できるよう、最も充実した施設基準をクリアしています。

また、回復期リハビリテーション病棟では、365日提供体制を整えており、月1回、専門医による嚥下機能造影検査、内視鏡下嚥下機能評価を行っています。

在宅復帰に向けて

在宅復帰される患者様については、ご本人・ご家族に生活指導や介助指導を行うとともに、適宜、復帰される家屋への訪問調査を行い、家屋環境(家屋改修)や生活環境(福祉用具等)へのアドバイスを行っています。

また、退院後の介護保険へのスムーズな移行のため、ケアマネージャやサービス提供事業者とのカンファレンスを実施しています。