グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 神経内科

神経内科



神経内科のご案内

診療の特徴

脳、脊髄(せきずい)、末梢神経、筋疾患など神経障害による疾患のうち、内科的な治療を必要とする疾患を対象としています。

これらの疾患は、年齢を問わず、いったん発症すると身体の動きが悪くなるなどの後遺症が残り、日常生活を送っていく上でいろいろな不自由を生ずることがあります。

特に脳や脊髄などの中枢神経系は再生ができないため、脳卒中を発症した場合などはかなりの後遺障害を残し、常時介護を受けざるを得ない状態に陥る可能性があります。

当科では、これら疾患の予兆である、めまい、ふらつき、しびれなどの症状を訴えられた患者様を早期に診断治療するとともに、急性期治療を必要とされる患者様については近隣の大学病院や高次急性期病院との密接な連携のもとに適切に対応しております。


主な対象

頭全般、めまい、ふらつき、しびれ、頭痛など

外来医師担当表

初診
再診
午前
(8:30~11:30)
初診
(8:30~11:00)
岩橋 幸子 福田 裕美
午後
(12:30~15:00)
川本 裕子

スタッフ紹介

医師名 職位
岩橋 幸子 非常勤
福田 裕美 非常勤
川本 裕子 非常勤