グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 皮膚科

皮膚科



皮膚科のご紹介

診療の特色

皮膚科領域全ての疾患について診療を行っています。

アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎(かぶれ)等の湿疹・皮膚炎群、蕁麻疹(じんましん)・痒疹、紅斑症、血管炎、褥瘡(床ずれ)、熱傷(やけど)、凍瘡(しもやけ)、中毒疹・薬疹、角化症、乾癬、膠原病、皮膚腫瘍(ほくろ、いぼ、皮膚がん等)、細菌感染症(おでき、ひょうそう、とびひ等)、ウイルス感染症(単純ヘルペス、帯状疱疹、いぼ等)、真菌症(水虫、たむし等)。

症例により必要な場合は、血液検査、病理組織検査などで原因を検索して、治療を行っています。必要があれば、大学病院などへの紹介をおこなっています。

良性腫瘍の外来手術、液体窒素による冷凍凝固法などもおこなっています。

重症の帯状疱疹、蜂窩織炎、薬疹などの入院治療もおこなっています。

外来医師担当表

※医師名の左側に記載している「○」は、各診療科部長を表しています。
初診
再診
午前
(8:30~11:30)
○田村 暢子 ○田村 暢子 ○田村 暢子 ○田村 暢子

スタッフ紹介

医師名 職位 専門分野 専門医資格等
田村 暢子 皮膚科部長 皮膚科一般 日本皮膚科学会専門医