グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 麻酔科

麻酔科



麻酔科のご紹介

当院は、すべての手術の麻酔と手術中の全身管理を麻酔科専門医が担当して行っており、日本麻酔科学会認定病院となっています。

麻酔科とは

麻酔とは、痛み刺激を与えても痛みをまったく感じなくする方法です。全身のどこに痛み刺激を与えても感じなくなるのが全身麻酔、身体の一部のみが痛み刺激を感じなくなるのが局所麻酔です
 手術や患者様の状況に応じて、最も安全と考えられる麻酔法を決定します。更に手術中に全身状態にあわせて麻酔法を変更することもあります。
 現在の麻酔は、安全に行われています。しかし、人間の体の機能は完全に解明されたとはいえません。麻酔に使用する薬に対して、他の人とは異なる反応を示す方もいらっしゃいます。また、一見健康そうな生活をおくっておられても、まれに突然危険な状態に陥る方もいらっしゃいます。したがって麻酔中は100%安全かというと必ずしもそう断言するわけにもいきません。
 そのために、麻酔科医は麻酔、手術中のあらゆる異常事態に対処できるように努め、十分な監視装置と薬剤を準備し、麻酔を行っています。
 手術の前に、必ず麻酔の説明を行います。心配なこと、わからないこと、更に詳しく知りたい場合には、麻酔科医に遠慮なくお尋ねください。
 

手術室で

 手術室の中では、血圧計や心電図を体につけ麻酔、手術に備えます。たくさんの装置があり一見ものものしく怖い感じがするかもしれませんが、安全を確保するために必要な機械です。
 麻酔開始に当たって、注射をしたり、口元にマスクを当てることがありますが、痛みとか苦痛はほとんどありません。

手術後

手術後の強い痛みは手術後の回復にも悪影響をもたらしますので、可能な限り痛みを抑えます。手術後のことを考慮して麻酔法を計画決定します。

スタッフ紹介

医師名 職位 専門分野 専門医資格等
藤原 康嗣 麻酔科部長 麻酔科一般 日本麻酔科学会指導医